▼ 周辺観光


公式フェイスブックページ

最新情報


何があるかな?

自然いっぱい!

お腹すいたぁ!

ゆっくりしよ!

お土産ほしい!


▼ イベント情報 
6/25 パラ体験スクール
~7/17 石川憲二水彩画展
6~8月 親子でキャンプ
▼ 6月の定休日 
霧の森
(交湯~館
無休
5・12・19・26)
霧の高原 5・12・19・26
松山店 26
▼7月の定休日 
霧の森
(交湯~館
無休
3・10・18・24・31)
霧の高原 3・10
松山店 24
▼ 周辺便利帖
気象情報(Yahoo!)
高速道路状況(Nexco)
四国中央市観光協会

霧の森

霧の高原

奥之院仙龍寺

SNSで共有...


 

奥之院仙龍寺

昼なお暗い山に開けた尊崇の道場

奥之院仙龍寺

撮影・佐藤雄二撮影・佐藤雄二奈良時代、法道上人の開基と伝えられ、まさに奥之院の名にふさわしく今なお参拝の人が絶えない古刹。

平安時代・弘仁6(815)年には弘法大師が金剛窟に護摩壇を築いて結願の後、自らの姿を彫刻してこの山に安置し、大伽藍・庫裏・鐘楼などを建立したと伝えられています。この大師像が本尊で、大師が「開運厄除」「虫除五穀豊穣」を請願して修行したことから、これを「厄除大師」「虫除大師」と呼んで尊崇したそうです。

その後、寛永15(1638)年、京都大覚寺門跡の尊称法親王が立ち寄り、金光山遍照院仙龍寺の名前がついたといいます。

撮影・佐藤雄二撮影・佐藤雄二四国霊場65番札所・川之江市の三角寺の奥の院、さらには四国霊場八十八ヶ所の総奥の院として尊崇を集め、「作大師」・「厄除大師」・「四国総奥の院」などの名で呼ばれています。四国別格二十霊場の13番札所でもあります。

御堂は深い谷の上にまたがって立つ舞台造。寺の周囲は険しい崖にうっそうとした原生林に囲まれ、大師自ら身を清めたと伝わる清滝(落差30m)のほか、玄哲坂、仙人堂、不動堂、蟹淵などが残っています。

古刹の紅葉が美しいのは言うまでもありません。


 

霧の森からのアクセス

車で30分(ルートマップ