▼ 周辺観光


最新情報

公式フェイスブックページ


何があるかな?

自然いっぱい!

お腹すいたぁ!

ゆっくりしよ!

お土産ほしい!


▼ イベント情報 
~9/2 土筆会 水墨画展
世界のミニ昆虫展
9/8~ 押し花展
陶芸クラブ作陶展
▼ 新製品情報 
7/14 ほうじ茶ゼリー
7/3 新宮しぐれ
▼8月の定休日 
霧の森
(交湯~館
無休
6・20・27)
霧の高原 豪雨により休業
松山店 27
▼9月の定休日 
霧の森 3・10・18・25
霧の高原 豪雨により休業
松山店 無休
▼ 周辺便利帖
気象情報(Yahoo!)
高速道路状況(Nexco)
四国中央市観光協会

霧の森

霧の高原

素鵞神社

SNSで共有...


 

素鵞神社

山奥に残るきらびやかな祭り

撮影・佐藤雄二撮影・佐藤雄二

室町時代・応永3(1396)年に創立したと伝えられる古社で、「天王さん」と親しまれています。

本殿本殿はケヤキ1本で作ったといわれているみごとなもの。

境内には宇摩地方で唯一の出雲神社があります。

撮影・佐藤雄二撮影・佐藤雄二秋祭りは10月最終日曜日に催行され、公家装束の少年たちが乗る屋台やきらびやかな神輿が出て、平安絵巻さながらの情景が繰り広げられます。

担ぐ太鼓台、だんじりの多い愛媛県にあって、曳き屋台に乗った少年が太鼓や笛、鉦などで囃す形態は唯一といわれていて、四国中央市の無形民俗文化財にも指定されています。

屋台はクライマックスで大きく揺さぶられますが、乗り子の少年たちは必死にこらえ、囃子を続けます。

撮影・佐藤雄二撮影・佐藤雄二祭は、永正8(1511)年に京都から来住して宇摩一円(現・四国中央市域)領主になった公家・日野光朝が、京の祇園神社(八坂神社)をしのんで始めたと伝えられています。

少年たちは念入りに髭の化粧を施します。

隣接する徳島県の祖谷地方には同じように髭の化粧をした乗り子を乗せた屋台が見られるそうですが、愛媛県内には他に類例がないという貴重なものだそうです。


 

霧の森からのアクセス

車で25分(ルートマップ